昔に戻れないのか

AGA治療は男性の自信を取り戻すケア|エネルギッシュヘア増生法

パターン理解で対策

刈られた

そもそも女性にはAGAという言葉自体に馴染みがない人も多いです。それもそのはず、AGAは男性特有の脱毛症なのです。見た目で典型的にAGAと分かる症状がありますが、それがM字型はげです。女性でも脱毛をすることはありますが、これと決定的に違うのがはげ方なのです。女性のはげも男性と同じく男性ホルモンが優位になることで起こります。しかし、その薄くなる過程は全体的に薄くなるという特徴があるのです。それとAGA特有のM字型とは全く症状が異なることがわかります。これには遺伝的な要素が大分に関わっているといえます。そのため、AGA治療は遺伝子の面からも考慮して行われることになるのです。AGAは遺伝的要素の他にも環境やホルモンバランスも関連していますので、総合的な治療が必要となります。
もしAGAなのだとしたらすぐに治療を始めることが大切です。まずはパターンを知ることで、AGAであることに気づき、AGA治療をはじめられるように準備しておきましょう。

どのようにAGAが進行していくのかというと、様々なパターンがあります。私達の髪はおでこを境にして生えていきますが、ここからはげるパターンをA型、U型パターンといいます。なぜこのようにアルファベットで例えているのかというと、形がAやUに似ているからです。頭頂からみるとUやAの形に見えるので、側頭部に髪が残った状態が発生します。
また、M字型が典型的なはげ方です。通常、はげない人も生え際が後退したり、前髪を残して剃りこみといわれるあたりが後退していくことはあるので気づきにくいです。もっと気づきにくい症状はO型と呼ばれるものです。前髪が徐々に後退していくと敏感な人はすぐに気づきますが後頭部や頭頂部は合わせ鏡でもしなければ気づきにくいのです。
このM字型だけではなく、混合して起こることもあるので気をつける必要があります。

AGA治療を早めに行なっていれば、安い費用で治療が済む可能性があります。O型の場合は頭頂部が徐々に薄くなる傾向がありますがその初期段階ではメッシュがかったような髪の薄さになります。この状態が進行すると、毛根もなくなってしまいます。毛根がなくなった状態でもAGA治療は進めることができますが、完全に無い状態よりはある状態の方が治療しやすいのです。一見はげが進行したと見えるような頭髪でも、諦める必要はありません。AGA治療は薬で進行を遅らせることができるのです。AGAになった髪は髪が生えるサイクルが通常と違います。髪が脱毛すれば同じ毛根はまた成長を始めますが、その時一年間は成長期と呼ばれる期間になります。毛根が強い状態が続いて2~6年後は退行期に入っていきます。しかし、AGAの髪が生えるサイクルはこの成長期を飛ばしてしまい、毛根がいきなり対価していくのです。薬で毛根に働きかけることで、成長期を伸ばす事ができるのです。放置していけば退行するばかりですが、毛母細胞を活発にすることによりAGAのヘアサイクルを変える事ができるのです。