昔に戻れないのか

AGA治療は男性の自信を取り戻すケア|エネルギッシュヘア増生法

治療の流れを理解する

驚く

早めにAGA治療をした方が良い理由として、細胞は年を取るごとに生成が弱まっていくことがあげられます。私達の細胞は毎日何億という数のものが死に、生まれ変わっています。それは髪においても同じことで、毎日抜け毛が発生するのは細胞が退化し、生まれ変わっているからです。しかし、人間は細胞を生む力を徐々に失わせていきます。それは加齢によって顕著になるのです。サプリや薬によって、必要以上な老化を防ぐことはできますが、まだ人間は老化を止める薬や治療を生み出したわけではありません。
まだ毛根の動きが活発で、細胞が生まれ変わる数が多いのであれば、新しく髪が生えてくる可能性があります。しかし、40代になれば誰でも毛髪の数は減っていくのです。例えば40代なら全毛母細胞の約30%が役目を終えるのです。50代になると40%と10年で10%も増加させてしまいます。
もう十分年を取ったのだから、余計な治療をしたくないと考える人もいます。確かに治療をするとなると費用もかかってくるのでその心情になってしまうのは当然ともいえます。しかし、かつらをかぶったり育毛剤を使ったりするよりも、AGA治療を行なった方がトータルとしての費用は安く済むということがあるのです。その上AGAの進行を止めることができ、あまつさえ髪が生えてくればこれ以上いうことはありません。

美容クリニックなどの専門治療機関では、必ず効果を実感できるような取り組みをAGA治療でおこなってくれます。患者が実感して満足をすることができる治療のためには、患者の自覚が最も必要になってきます。そのために毎回頭部を撮影し、客観的なデータをとりながら治療を進めていきます。治療院によっては満足が得られなかった場合返金制度も用意しているので、本気の治療が行われていることがわかります。気になるなら一度は受診してみましょう。ほとんどの治療院が治療の前にカウンセリングを行います。初診料がかかることはありますが、ここで治療が始まるというわけではないので、ちょっと治療の流れを確認したいという人は受けてみると良いです。

AGA治療は頭髪の専門医が行います。治療には服薬と心療的なカウンセリングを組み合わせることになるので、しっかりとした問診が行われます。ミノキシジルやフィステナリドといった頭髪の育成に効果のある成分の入った薬が処方されることになります。その時、自分が今どんな薬を併用して飲んでいるかを申告する必要があります。場合によっては処方の量や飲み方などに変更が必要になることもあるので必ず正直に申告をするべきです。治療期間は人によって異なってきますが、週に一回は通院を行なうことになります。一人一人の髪の状態は異なってきますので、育毛や発毛への期間は一定ではありません。
また、投薬以外の方法で治療をすることもあります。毛根を刺激する手法を取ることもありますが、針をつかう医院もあれば電気で穿孔をする医院もあるのです。痛くない治療を望むなら電気での穿孔が適しているので、事前に医師に質問しましょう。